【おすすめ記事】

専門家に相談してみよう

どうして「介護職はつらい」と言われるの?

介護職ならライフスタイルに合わせて働ける

年齢やライフスタイルの変化もネックにならない

年齢やライフスタイルの変化もネックにならない

子育てしながら働ける

介護の仕事に就くには年齢や性別、経歴に関係なく誰でも挑戦できるものだと別頁でお話しましたが、結婚や子育てなどのライフイベントで働き方が変わってしまう場合はどうなんだろう?と心配な人もいると思います。でもそういった杞憂も必要ありません!介護業界は女性の担い手が多いのですが、出産後にも着実にキャリアを積んでいる職員がたくさんいます。
その理由は、介護の仕事と一口に言っても様々なタイプの働き方があるからです。忙しそうなイメージが強いかもしれませんが、例えばデイサービスならば日曜日が休みで夜勤もないところが多いので、子どもに寂しい思いをさせることも少ないでしょう。訪問介護もライフスタイルに合わせて勤務日や時間を選べるので、問題なく子育てと仕事の両立ができるはずです。
また、産休や育休などで仕事にブランクができてしまっても、年齢に関係なく働くことができる仕事なので、復職するのも難しくありません。他の仕事ならブランクのせいでキャリアアップを諦めざるを得ない状況でも、介護の仕事なら経験を活かしてまた上を目指していくことだってできるんです。

日常の経験を活かせる

まだまだ今の世の中では「女性がやって当たり前」と思われているのか、家庭内で料理や洗濯などの家事を行ってもその価値を正当に認められず、感謝されることが少ないと思います。家事のスキルは経験や工夫によって培われたものであり、誇って良いものだと思いますが、残念ながら日常生活の中ではあまりそういう機会に恵まれないのが現状です。でも、介護の仕事では違います。得意な家事を仕事に活かして、感謝もしてもらえるんです。普段何気なくやっていることでも、利用者やその家族にとっては大変ありがたいと思ってもらえるので、そういった部分にやりがいを感じる女性も少なくありません。

様々な働き方が可能

家庭の事情や、心身の状態に合わせた働き方ができるのは介護職の魅力のひとつです。日中だけ働きたいのならデイサービスなど夜勤のない施設を選ぶことができますし、逆にたくさん稼ぎたいという人は、月に10日くらい夜勤専従で働いてあとは他のことに時間を使う、という働き方も可能です。もし希望の施設がどんな待遇なのかわからない場合でも、勤務日や時間の都合に配慮してくれる職場も多いので、気になったらまずは相談してみると良いかもしれませんよ。
パートとして働くことができる職場も多いので、子どもがいる場合や、まずはお試しで介護業界に飛び込んでみたい人にも働きやすい環境が整っているんです。

介護職に興味があるなら

年齢やライフスタイルの変化もネックにならない
  • 専門家に相談してみよう

    つらい気持ちの中でひとり悶々と考え続けても、なかなか良い答えは見つからないものです。少しでも早く心の健康を取り戻すために、専門家の力を借りてみましょう。プロのアドバスを受ければ、思いもしなかった可能性に出会えるかもしれません。

  • 将来性も心配ナシ

  • 身体的にキツイ!

働きやすい環境は自ら選ぶ

介護職がつらいと感じることや、それでも仕事を続ける糧になっているやりがいやメリットなどを紹介しています。これから介護業界に飛び込もうとしている人も、今の職場に不満を感じている介護職の人も、ぜひ一度ご覧になってみてください。お問い合わせはメールフォームへ。