どうして「介護職はつらい」と言われるの?

つらいことばかりが目立ってしまうようです

どうして「介護職はつらい」と言われるの?

日本では今後のさらなる高齢化に伴い、介護職の人数が圧倒的に足りなくなると言われています。高齢化がすごい早いスピードで進んでいるという原因もありますが、介護職に魅力を感じて働こうとする人が少ないという側面もあるんです。世の中ではとてもハードでつらいだけの仕事だと思われているかもしれませんが、実際に介護職として働いている人はどんなことがつらいのか・どんなやりがいを感じているのかを知れば、ちょっと見方が変わるかもしれませんよ。

更新日 人間関係が特徴的で…

人間関係が特徴的で…

どんな職種でも、辞めた理由の上位に入ってくるのが「人間関係の問題」だったりします。介護業界は特に、10代のスタッフがいたり70代のスタッフがいたりと、年齢層が幅広いために意見を合わせていくのが難しいという特徴があります。また介護観の違いから、自分では利用者のことを真剣に考えた上でのやり方でも、違うやり方をするスタッフがいて衝突してしまう、という難しい問題もあります。ひとりひとりの気持ちの持ち方や、ちょっとしたコミュニケーションの工夫をすることによって改善していくことが望まれます。

介護職に興味があるなら

お金がないです
  • 専門家に相談してみよう

    つらい気持ちの中でひとり悶々と考え続けても、なかなか良い答えは見つからないものです。少しでも早く心の健康を取り戻すために、専門家の力を借りてみましょう。プロのアドバスを受ければ、思いもしなかった可能性に出会えるかもしれません。

  • 将来性も心配ナシ

  • 身体的にキツイ!

働きやすい環境は自ら選ぶ

介護職がつらいと感じることや、それでも仕事を続ける糧になっているやりがいやメリットなどを紹介しています。これから介護業界に飛び込もうとしている人も、今の職場に不満を感じている介護職の人も、ぜひ一度ご覧になってみてください。お問い合わせはkaigo_ga_tsurai@yahoo.co.jpまで。