【おすすめ記事】

将来性も心配ナシ

どうして「介護職はつらい」と言われるの?

介護職の転職、誰に相談したらいいの?

専門家に相談してみよう

専門家に相談してみよう

まずは動き出そう

他の職場だったら…と少しでも考えるなら、まずは一歩踏み出してみましょう。転職の2文字が頭をよぎるということは、今の職場環境がとてもつらかったり、忙しすぎたり、どうにもできずに苦しい思いをしているということですよね。そんな中で転職という新しい動きをするのはしんどいような気がして、何もせず日常に飲み込まれてしまっているとしたら、とてももったいないです。惰性で働いても良いことはありません。
動き出すことで必ず何かが変わります。それは、自分が希望する職場への転職が叶うことかもしれないですし、色々と考えた結果やはり今の職場に残る選択をすることかもしれません。どちらにせよ、悶々としたままでは良い結果は生まれません。思い立った時に行動するべきです。行動と言っても、急に大きなことをする必要はありません。今一度、自分の気持ちを整理してみること、そして、相談相手を作ってみることからやってみませんか?

相談だけでも大丈夫

どんな職場が自分に合っているのだろう、そもそも自分は転職すべきなのかそうでないのか…ひとりで全てを決めるのは難しいですし、間違った判断をしてしまうこともあるかもしれません。そんな時に相談してほしいのが転職エージェントです。完全無料で利用できて、転職に関するたくさんの知識と経験を持っているので、気軽に頼れる先輩のような存在です。
転職エージェントを使って希望の職場に転職できたという人は多いですが、利用したからと言って必ず転職しなければならないわけじゃありません。まずは登録してみて、担当者と共にじっくり考えた結果、今の職場に残るという選択をしても全く問題はありません。

自分に合った職場とは何か

高齢化に伴い、介護の現場は慢性的に人材不足になっています。藁にもすがるような気持ちで、誰でもいいから働いてくれ!と採用している施設もあります。そんな中で転職するなら、自分の希望と施設の種類や特徴をしっかり理解し、慎重に職場選びをする必要があります。働き始めてから「思っていたのと違った…」というギャップに苦しまないためにも、しっかり調べておきましょう。
介護施設は、施設の形態によって仕事内容や必要なスキルが違います。人員配置などそれぞれの施設の状況によっても変わってくるでしょう。基本的に介護職は、食事の介助、排泄介助、入浴介助、体調管理、見守り、精神的なケアをします。でも、送迎を任されたり、リネンの交換、調理補助などをする場合もあるので、事前に細かい確認が必要です。
これらすべてを自分でこなすのは至難の業です。でも転職エージェントを利用していれば、実際に働いてみないとわからないような施設の状況を事前に聞くこともできますし、給与や仕事内容の交渉も代行してもらえるので安心です。まずは気軽に相談してみてはどうでしょうか?

介護職に興味があるなら

専門家に相談してみよう
  • 専門家に相談してみよう

    つらい気持ちの中でひとり悶々と考え続けても、なかなか良い答えは見つからないものです。少しでも早く心の健康を取り戻すために、専門家の力を借りてみましょう。プロのアドバスを受ければ、思いもしなかった可能性に出会えるかもしれません。

  • 将来性も心配ナシ

  • 身体的にキツイ!

働きやすい環境は自ら選ぶ

介護職がつらいと感じることや、それでも仕事を続ける糧になっているやりがいやメリットなどを紹介しています。これから介護業界に飛び込もうとしている人も、今の職場に不満を感じている介護職の人も、ぜひ一度ご覧になってみてください。お問い合わせはメールフォームへ。