【おすすめ記事】

将来性も心配ナシ

どうして「介護職はつらい」と言われるの?

ポイントをおさえた職場選びでつらい気持ちとさようなら!

こんな職場ならきっと大丈夫

こんな職場ならきっと大丈夫

長く続いている施設

働きやすい環境を選ぶために確認しておきたいポイントの1つが、経営期間です。施設ができてから時間が経っているからといって全てが良い施設とは言えませんが、大きな問題が起こっていないという証明にはなります。それに、同じ職場で長く働いている経験豊富なスタッフがいる場合がほどんどなので、たくさんのことを学べます。
そういう安定した施設では、ボランティアや研修生の受け入れを積極的に行っていたりもします。施設としてのスタンスが明確じゃなかったり、スタッフ同士で介護観の共有ができていなければ、教えやサポートを必要とする研修生を受け入れる余裕はありません。長く安定して経営できている施設だからこそ、受け入れの体制が整っているんです!

スタッフの人数に余裕がある

いつも求人が出ている施設には注意が必要です!その施設で働き続けている人が多ければ、事業拡大など特別な理由がない限り求人を出し続けることはないでしょう。何かしらの理由があって、辞める人が多いから求人を出し続けざるを得ない、という可能性に注意しないといけません。
そういう施設は働き始めるのは簡単かもしれませんが、その後の負担が大きくなるのは想像に難くないと思います。スタッフの人数が少なければひとりひとりがやるべき仕事は当然多くなり、身体的にも精神的にもハードな日々を過ごすことになるでしょう。新人なら先輩から学ぶべきことも多いですが、あまりにも忙しいと何も教えてもらえない、となってしまう可能性も考えられます。
もし事前に施設の見学ができるなら必ずしておきましょう。スタッフが固い表情で常に動き回っていたり、質問もできないような雰囲気なら、余裕のない施設だと判断することができます。笑顔で楽しそうに働いている職場を選びたいものですね。

給与と昇給規定に関するポイント

当然と言えば当然ですが、仕事量に合った給与が提示されているかの確認は必須です。低すぎる施設は誰でも避けたいと思いますが、実は高すぎる施設にも注意が必要なんです 。同じ地域の同程度の施設と比べてあまりにも条件が良すぎる場合、そうしなければならない別の問題があると考えたほうが良いでしょう。
他にも、わかりやすい昇給指標を用意して積極的に取り組んでいる施設を選ぶのがおすすめです。介護の知識や技術に関するテストを実施したり、研修への出席状況などを総合的に判断し、その能力に応じて段階的に昇給・昇格していくようなキャリアアップ制度を導入している施設が良いでしょう。スタッフのやる気が出たりサービスの質が上がるだけじゃなく、職員を大切にする施設として信頼も高まるので、安定した経営につながることも将来性の面でメリットとなります。

介護職に興味があるなら

こんな職場ならきっと大丈夫
  • 専門家に相談してみよう

    つらい気持ちの中でひとり悶々と考え続けても、なかなか良い答えは見つからないものです。少しでも早く心の健康を取り戻すために、専門家の力を借りてみましょう。プロのアドバスを受ければ、思いもしなかった可能性に出会えるかもしれません。

  • 将来性も心配ナシ

  • 身体的にキツイ!

働きやすい環境は自ら選ぶ

介護職がつらいと感じることや、それでも仕事を続ける糧になっているやりがいやメリットなどを紹介しています。これから介護業界に飛び込もうとしている人も、今の職場に不満を感じている介護職の人も、ぜひ一度ご覧になってみてください。お問い合わせはメールフォームへ。