【おすすめ記事】

身体的にキツイ!

どうして「介護職はつらい」と言われるの?

介護職が働きやすい職場かどうかは雰囲気でわかる

職場の雰囲気がモノを言う!

職場の雰囲気がモノを言う!の記事一覧
  • 人間関係が特徴的で…

    人間関係が特徴的で…

    適切なコミュニケーションを取れない状態が常態化していると、職場の雰囲気はすぐに重たく暗くなっていきます。誰かがイライラしだしたり、固い表情の人が増えたりすると、もっと状況は悪化して負のループに陥ってしまいます。介護業界は女性が多いことや年齢層が幅広いという特徴から、良好な人間関係を構築するのに苦労することもあるようです。しかし、利用者に元気でいてほしいというスタッフの真剣な気持ちのぶつかり合いからすれ違ってしまうこともあり、チームワークが重要な仕事故に苦労することも多いようです…。

    詳しく見る
  • 一緒に喜びや達成感を感じられる

    一緒に喜びや達成感を感じられる

    笑顔は、本人ばかりでなく周りも明るくしてくれます。利用者の笑顔を見られた時に喜びを感じる介護職は多いですが、その介護職の笑顔に利用者が励まされるという幸せなループもあるんです。そういった関係性を構築できる職場は、きっとスタッフ間の連携がとれていて、それぞれに適切な介護が行われているんでしょう。誰かの一方通行じゃなく、スタッフ同士や利用者との信頼関係がしっかりできあがっている職場は、喜びを共有し合える明るい雰囲気が感じられるはずです。

    詳しく見る
  • こんな職場ならきっと大丈夫

    こんな職場ならきっと大丈夫

    心身共に健康に働ける職場は、スタッフの表情も明るく、利用者へのサポートの質も高くなります。明らかにスタッフの人数が足りていなかったり、仕事に対する適切な評価をしてくれないような施設なら、もし採用されたとしても長く続けていくことはできないはずです。「誰でもいいから働いてほしい」というような切羽詰まった雰囲気の職場はなるべく避けたほうが良いですし、研修生を受け入れるなどの余裕がある安定した施設が働きやすい職場と言えるでしょう!

    詳しく見る

介護職に興味があるなら

こんな職場ならきっと大丈夫
  • 専門家に相談してみよう

    つらい気持ちの中でひとり悶々と考え続けても、なかなか良い答えは見つからないものです。少しでも早く心の健康を取り戻すために、専門家の力を借りてみましょう。プロのアドバスを受ければ、思いもしなかった可能性に出会えるかもしれません。

  • 将来性も心配ナシ

  • 身体的にキツイ!

働きやすい環境は自ら選ぶ

介護職がつらいと感じることや、それでも仕事を続ける糧になっているやりがいやメリットなどを紹介しています。これから介護業界に飛び込もうとしている人も、今の職場に不満を感じている介護職の人も、ぜひ一度ご覧になってみてください。お問い合わせはメールフォームへ。